2019.5.12

【お知らせ】
6月8日(土)は学会出張のため臨時休診と致します。ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い致します。

【流行状況】
寒暖の差が大きいためか、カゼが多く見られます。一部の保育所では嘔吐下痢症が流行しています。ほとんどは軽症ですが、咳がひどく高熱が3日以上続くようなら肺炎の可能性があります。溶連菌感染症、アデノウイルス感染症、RSウイルス感染症(新生児は重症に)も少しずつ見られています。

【日本脳炎の予防接種】
蚊が子ども達を狙っています。早めに予防接種を受けておきましょう。生後6カ月から定期接種(公費)が受けられます。高松市の方は高松市保健センターに連絡すれば予診票を送ってもらえます。
詳しくは当ウェブサイト予防接種・日本脳炎の予防接種のページをごらん下さい。

2019.3.29

【流行状況】
インフルエンザはほとんど見られなくなりました。かぜ、軽い胃腸炎の患者さんが多いですが、咳と発熱が長引く気管支炎に注意が必要です。 ヒトメタニューモウイルスによる可能性もありますが、特効薬はなく出席停止の病気でもないので迅速検査は不要です。こまめな水分・栄養摂取と安静が重要です。そのほかではアデノウイルスによる咽頭扁桃炎、溶連菌感染症が少し見られています。

【10連休中の診療について】
当院も4月27日(土)から連休に入りますが、4月30日(火)は予防接種を含め、通常通り診療いたします。
5月5日(日)は休日当番医となっております。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

2019.2.23

【流行状況】
インフルエンザはかなり少なくなってきました。1週間に10数名程度です。ただ保育園のクラスによっては小流行があります。今季はA型が2種類流行しており、少数ですが2回A型にかかっている人もいます。もうしばらく注意しましょう。 その他では胃腸炎、かぜ、溶連菌感染症、アデノウイルスなどが見られます。

【予防接種週間】
3/1〜7は「子ども予防接種週間」です。新入学、新学期に向けて、予防接種を済ませておきましょう。年長児は3月末までに麻しん風しんワクチン2期を済ませないといけません。任意接種(おたふくかぜ、幼児期以上のB型肝炎など)もなるべく受けましょう。

過去の新着情報はこちら